施設警備

警備業法第二条第一項第一号に規定されている、『事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等における強盗等の事故の発生を警戒し、防止する業務』とされており、当社では、次のような業務を行っています。

①大型複合施設における出入管理、施錠開錠等の扉管理、防災センターでの常駐
②オフィスビル等の夜間、休日等の警備(機械警備との併用も可能)
③デパート、質屋、古物商、貴金属店等の警備(機械警備との併用も可能)
④パチンコ店、景品交換所の警備業務
⑤駐車場の料金収受を含むトータルマネージメント

1).自社従業員による同一業務に比べて、手間、コストが削減できます。(採用・教育・労務管理・その他)
2).万が一の場合にも、警備賠償保険で補償されます。
3).特に高額商品を取り扱う企業様ですと、商品毎に保険を掛けられているかと思われますが、この保険料率が安くなります。
4).防犯効果が大幅にアップされます。

イベント警備

私たちはイベントの警備にも万全の体制をつくりあげます。主催者と一体となって、イベントのテーマ、来場者層、会場規模、レイアウト、時間帯、来場者数などによって、きめ細かく警備員の配置プランを設定します。お客様の要望に応じて各種センサーを併用した警備システムを導入することもできます。

交通誘導警備

駐車場出入口などでの車輌の迅速な誘導や、工事現場などでの車輌通行の安全かつ円滑化誘導及び歩行者の安全確保など、いろいろな事故を未然に防ぐため、人や車の動きにたえず注意を払い適切な交通誘導を行います。人と車を安全に、かつ迅速に誘導するため私たちは豊富な経験と資格を有した警備員を配備します。

高速道路保安警備

高速道路での高速移動中の車両を誘導し、車輌及び作業員の安全を確保するとともに、工事用資器材の配置から撤去まで、一貫した警備システムを構築しています。

JR列車見張

たとえ数分でも列車が遅れたり、ストップしたりするとJR全体への影響ははかり知れないものがあります。JRダイヤの影響をゼロにするため、工事関係者への確実な列車接近連絡を行うため、JR列車見張有資格者及び豊富な経験者を多数配備しています。